本文へスキップ

あきる野整体院 けんこう畑です。

完全予約制・お問い合わせは・・・TEL.042-550-5861

〒197-0804 東京都あきる野市秋川6-5-11 牧ビル1階北側

肩関節周囲炎・五十肩


30代から60代に好発し、特に痛めた心当たりがないのに痛みと肩が上がらないという症状に襲われます。
当院では90代の方もこの病気で通院されています。

肩関節周囲炎にはいくつか種類があります。

1、いわゆる五十肩
2、石灰沈着性鍵盤炎
3、腱板断裂


はっきりとした原因は分かっていませんが、一般的に五十肩は、
肩関節周囲の軟部組織(筋肉や靭帯等)の退行変性(加齢)と、
循環不全による、炎症であると言われています。
加齢は人それぞれで原因が異なりますので、生活習慣の見直しが、
症状改善に重要な要素にもなります。

症状は「急性期」、「拘縮期」、「回復期」と3期に分けられ、
それぞれの時期に行う施術があります。


ここでは、一番痛みの強い急性期の当院での対応をご紹介します。

急性期では、痛みが激しく寒い時期や冷やすと痛みが増します。
夜間は特に痛みが強くなり(夜間痛)、睡眠が十分に取れないこともあります。
肩を動かそうとすると、痛みにより関節運動制限が起こります。

この時期の施術は、痛みを和らげることを第一に考えたいのですが、
一般的な整体や、鍼灸等では難しいのが現実です。

また、痛みだけの対策を考えた場合、病院での薬物療法は効果的です。
しかし、痛みを抑え込んでいるだけなので、治っている訳ではありません。

五十肩は、循環不全による炎症が原因で、突然痛み出しますが、
実は痛む前段階があり、何年もの歳月をかけて五十肩が発症します。
所謂、慢性病症です。

細胞組織に変性が起こっていますので、細胞の再生等の入れ替えが済むまでは痛みが続いてしまいます。
(何もしないと1年〜2年かかります。)

当院の施術では、身体全体の体液循環の回復を図るとともに、
局所的な循環を促進させます。
そうすることで、傷のついた細胞組織にスムーズに栄養が届けられ、
修復が早まります。

この間は、無理に肩を動かしたりストレッチは行いません。

当院は少ない力での施術なので、
拘縮期や回復期の五十肩の患者さんはもちろん、
急性期の患者さんも対応できます。




営業時間

 
午前9:00〜12:00 × × × × ×
午後14:00〜19:00 15:00〜

※日曜日と月曜日は休診です。


















あきる野整体院 けんこう畑


〒197-0804 東京都あきる野市秋川6-5-11 牧ビル1階北側
TEL.042-550-5861


あきる野整体院 けんこう畑

〒197-0804
東京都あきる野市秋川6-5-11 牧ビル1階北側
TEL 042-550-5861